i-Construction

i-Constructionとは建設事業全体のさらなる生産性向上を目指した取り組みです。

i-Constructionが目指すもの

i-Constructionとは

i-Constructionは、現状の建築業界にあるさまざまな課題を解決すべく2015年に国土交通省から発表された取り組みで、測量から設計・施工・検査・維持管理・更新までの全てのプロセスにICT(情報通信技術)を導入し、技能労働者一人当たりの生産性の50%アップを目指しています。

  • 生産性、及び質の向上による賃金水準の向上
  • 事業の効率化と施工時期の平準化により得られる、安定した休暇の取得
  • ICT化による重機まわり、高所作業の減少などによる安全性の向上
  • ICTの導入により、旧3K(きつい・危険・きたない) → 新3K(給与・休暇・希望)の実現
  • 地域の建設産業の生産性向上による、地方創生への貢献

i-Constructionの3つの柱

i-Constructionの3つの柱

  1. ICT技術の全面的な活用(土工)
  2. 規格の平準化(コンクリート工)
  3. 施工時期の平準化

詳しい内容は「i-Construction~建設現場の生産性向上の取り組みについて~」(国土交通省のページ)をご覧ください。

1.ICT技術の全面的な活用(土工)

ICT技術の全面的な活用(土工)

従来の情報化施工では、2次元図面での発注を情報化施工業者が3次元データに直して施工し、また検査時に2次元図面に作り直していました。これを測量から設計・施工・検査・維持管理・更新までの全ての工程を3次元化することで、生産性の向上のみならず検査書類等の軽減なども見込めます。

2.規格の平準化(コンクリート工)

規格の平準化(コンクリート工)

現場ごとの一品生産を原則としていたコンクリート工の生産性向上のために、鉄筋のプレハブ化や型枠のプレキャスト化による鉄筋や型枠などの施工効率の向上、プレキャストの活用によるコンクリート施工の効率向上、また工場製作にすることで天候に左右されない点と、高所作業が減るため安全性の向上も見込めます。

3.施工時期の平準化

施工時期の平準化

これまで、公共工事は年度ごとの予算に従って行われていたため、年度末に休暇が取得しづらいだけでなく、日給・月給の技能者の収入も不安定だったものを、計画的な事業執行の観点から早期に葉註することで年度初めの工事量を確保し、受注者側の観点から建築資材や労働者の円滑な確保と、工事着手の始期日を受注者が選択できるようにし、工事件数の平準化を目指します。

新たに導入される基準

名称 新規 改定 参照先
調査・測量、設計 UAVを用いた公共測量マニュアル(案) http://psgsv2.gsi.go.jp/koukyou/public/uav/index.html
電子納品要領(工事及び設計) http://www.cals-ed.go.jp/cri_point/
http://www.cals-ed.go.jp/cri_guideline/
3次元設計データ交換標準
(同運用ガイドラインを含む)
http://www.nilim.go.jp/lab/qbg/bunya/cals/des.html
施工 ICTの全面的な活用の実施方針 http://www.mlit.go.jp/common/001124407.pdf
土木工事施工管理基準(案)
(出来形管理基準及び規格値)
http://www.mlit.go.jp/tec/sekisan/sekou/pdf/280330kouji_sekoukanrikijun01.pdf
土木工事数量算出要領(案)
(施工履歴データによる土工の出来高算出要領(案)を含む)
http://www.nilim.go.jp/lab/pbg/theme/theme2/sr/suryo.htm
http://www.mlit.go.jp/common/001124406.pdf
土木工事共通仕様書施工管理関係書類
(帳票:出来形合否判定総括表)
http://www.nilim.go.jp/japanese/standard/form/index.html
空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案) http://www.mlit.go.jp/common/001124402.pdf
レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案) http://www.mlit.go.jp/common/001124404.pdf
検査 地方整備局土木工事検査技術基準(案) http://www.mlit.go.jp/tec/sekisan/sekou.html
既済部分検査技術基準(案)及び同解説 http://www.mlit.go.jp/tec/sekisan/sekou.html
部分払における出来高取扱方法(案) http://www.mlit.go.jp/tec/sekisan/sekou.html
空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案) http://www.mlit.go.jp/common/001124403.pdf
レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案) http://www.mlit.go.jp/common/001124405.pdf
工事成績評定要領の運用について http://www.mlit.go.jp/tec/sekisan/sekou.html
積算基準 ICT活用工事積算要領 http://www.mlit.go.jp/common/001124408.pdf
新たな積算基準

この他、ICT土工用の新たな積算基準やICT活用工事の発注方式などは国土交通省の資料(国土交通省のページ)をご覧ください。


東北CALS普及会では、当会の目的に賛同し、参加される会員を募集しています。
会員の方には当会の最新の活動状況や講習会情報、また会員価格でのCPDS(継続教育)認定講習会の受講などさまざまな特典をご用意しております。詳しくは、下記をご覧ください。

入会をご希望の方は入会のご案内ページにて詳細をご覧の上お申し込みください。入会のご案内ページ

当普及会の技術者がみなさまを支援・サポートいたします!

橋梁工事に関わる施工業者の皆様必見! 詳しい情報を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
担当:須藤早登子・佐藤徹哉 / 事務局:岩谷深雪、三上妙子、増田直子

押さえておきたい技術情報