工事情報共有システム(ASP)

工事情報共有システムの活用メリット

当法人では、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)方式を用いた工事情報共有システムの運用を支援しております。
例えば工事情報共有システムを活用することで、関係機関・地元協議資料、安全管理資料などを隣接工事及び後工事の関係者を含めて情報を共有することにより、工事単位だけではなく事業全体を円滑にすることができます。

メリットの例

  • 工事帳票の処理の迅速化
  • 工事帳票の整理作業の軽減
  • 検査準備作業の軽減
  • 情報共有の迅速化
  • 日程調整の効率化
  • 移動時間の削減

発注者・受注者間の円滑な情報共有を支援

CALS/ECにおける情報共有とは、公共事業の各段階において、受発注者および関係機関が必要とする情報を、インターネットを介して関係者間で電子的に共有し、相互に活用することを指します。
当法人では、国土交通省から出された「土木工事の情報共有システム活用ガイドライン」平成26年7月版に基づき、土木工事情報共有システム活用が業界全体で推進するためのお手伝いをいたします。

工事情報共有システム概念図

情報共有システムの利活用によりペーパーレス化が進み、受注者と発注者間の情報交換が迅速かつ容易となります。
これによって時間的・経費的なロスの削減も可能となり、以下の様に施工管理全体の効率アップを図ることができるようになります。


東北CALS普及会では、当会の目的に賛同し、参加される会員を募集しています。
会員の方には当会の最新の活動状況や講習会情報、また会員価格でのCPDS(継続教育)認定講習会の受講などさまざまな特典をご用意しております。詳しくは、下記をご覧ください。

入会をご希望の方は入会のご案内ページにて詳細をご覧の上お申し込みください。入会のご案内ページ

当普及会の技術者がみなさまを支援・サポートいたします!

橋梁工事に関わる施工業者の皆様必見! 詳しい情報を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
担当:須藤早登子・佐藤徹哉 / 事務局:岩谷深雪、三上妙子、増田直子

押さえておきたい技術情報